光のカーテン

光のカーテン / タイトル

設置箇所にあわせたカーテンのサイズ選び

インテリアは、部屋を彩るためのアイテムとして、利用価値があります。用途によっても製品に多様な物がある中で、窓際などに利用されているのがカーテンです。日差しや目線を遮るため、あるいは防音の効果も期待ができます。しかし、新たな製品を購入する上で気をつけておくべきは、サイズの合ったものを選ぶという点です。カーテンは、上から吊るすタイプのものが多く、下に垂れ下がって掛けられます。そのため、設置場所に対してあまりに大きさが大きいものは、地面に擦れてしまうことから見た目に問題があります。また、生地が汚れやすくなり頻繁に洗わなくてはなりません。一方で、サイズが小さいものは、本来果たすべき機能性を損ねてしまいます。光が漏れてしまったり、向こう側から中が見えてしまうといった不具合が生じます。このことから、製品を選ぶ上では、事前に掛ける予定の場所の寸法を厳密にチェックして、適度な大きさの物を選ぶ事が重要です。

カーテンのサイズはしっかりと確認しよう

カーテンというのは、ないと生活がとてもしにくいものです。明るいときはまだいいですが、暗くなるとそれらがないと外から部屋の中が見えてしまうということもあるでしょう。なので、必ずしておきたいものです。カーテンは窓のサイズによって変わってきます。新しく家が変わるなどする場合は、あらかじめしっかりとサイズを測っておきましょう。なんとなくで買ってしまうと、サイズが合わなかったということも起こってしまいます。そうならないためには、事前の確認が重要です。丈が足りないということもよくあるので、測り間違いのないように、慎重に測っていきたいところですし、一人で測るのが大変なこともありますので、二人以上で行った方がより正確に測れるといえるでしょう。自分で測るのは不安だという場合は、プロに頼むという方法もあります。カーテンもオーダーメイドで作ってくれるという会社もありますので、そういったところに頼むとピッタリ合ったものを作ってくれるでしょう。

トップへ戻る▲